高畑勲   ★google とれにう

【悲報】任天堂スイッチ、明らかにオワコンになるwwwwwwwwwwwwwwwww【予約要らん】【大阪】犬を避けて転倒、賠償金1千万円 リード離し過失、大阪地裁判決上司<嫌なら辞めろ、お前の代わりはいくらでもいる【画像】こうゆう天気見ると吐き気する奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【悲報】任天堂スイッチ、明らかにオワコンになるwwwwwwwwwwwwwwwww【予約要らん】 【大阪】犬を避けて転倒、賠償金1千万円 リード離し過失、大阪地裁判決 上司<嫌なら辞めろ、お前の代わりはいくらでもいる 【画像】こうゆう天気見ると吐き気する奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

↓ 動画関連はこちらから! ↓

 

 

↑ 動画関連はこちらから! ↑

 

⇒ アンケートコーナー♪

 

 

↓ あなたのお探しの商品ありますか? ↓

 

 

 

 


くる天 人気ブログランキング 相互リンクとランキングプラス ブログランキング

人気日記BLOG  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ



にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ

 

JK『Hな人は流行好きなんだよねー(笑)

 

↑ 彼女たちの話は本当だろうか?(汗) ↑

 

 

 


※ その他の話題はこちらから ※
↓ 質問検索結果 ↓

ジブリ映画の「火垂るの墓」おばさんと清太について。 高畑勲さんがなくなり、火垂…
ジブリ映画の「火垂るの墓」おばさんと清太について。 高畑勲さんがなくなり、火垂るの墓を少し見ました。 あまり嫌なシーンがあるので、飛ばし飛ばしです。 話の内容は、第二次世界大戦のころ、神戸で空襲があり、母親は死亡。 父親は戦争で海外に行っている。 それで父親の親戚のおばさんの家に居候するが、 口うるさいおばさん 世間知らずの清太と節子(父親はエリート軍人、母親も着物と宝石を持っていたのでいいところ?母親)上から目線の清太(ネットの書き込み)わがままな節子(着物をお米に変えようとすると泣き出す) 14歳なので働きに行こうもせず、防火訓練、近所のいろんな活動もせず、遊んでばかり、 おばさんと清太との仲が悪くなるので、清太が家出。 防空壕で二人暮らし、ほたるの明かりでひと時の幸せ。 いろいろと頑張るが、うまくいかず、野菜ドロボー、妹が栄養失調を起こすが、医者に見せても「栄養のあるもの食べてください」というが、黙っているだけの清太 次第に栄養がなくなり、節子がなくなり、清太もなくなった。 はじめはおばさんが悪いと思っていたが、次第にも清太にも非があると思いました。 それで質問です。 ① 戦争中の話なので、どちらとも悪いですが どっちが悪かったのかな? 戦争中、父親は戦艦(戦死しましたが)でお国のために戦っている、母親は空襲で死亡。 口やかましい、だけども優しい?おばさん、 14歳で世間知らず(父親と母親がいろいろと子供のためにやっていた)ある程度エリート一家で、一生懸命生きようとしていた兄と妹、だけどもプライドが邪魔をして、家出をして待った清太。 ② もし、父親と母親が結構お金を残していた、戦争が終わってしまって、お金は紙くずになってしまったが、お金を渡し、おばさんの小言に耐えて、14歳で軍人工場で働いていたら、清太と節子はどうなっていたのだろうか? この2つの回答をお願いします。(続きを読む)

高畑勲の代表作と言えば?!
高畑勲の代表作と言えば?!(続きを読む)

高畑勲監督が最後に遺した無念の言葉「これで安倍政権が崩れないのが信じられない…
高畑勲監督が最後に遺した無念の言葉「これで安倍政権が崩れないのが信じられない」「自由で公平で平和な国で死にたい」=空気を読み右へ倣えする国民病をやめるべきでは? http://lite-ra.com/2018/04/post-3933.html 2018.04.07 『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』『かぐや姫の物語』など、多くの作品を手がけた高畑勲監督が、5日、東京都内の病院で死去していたことがわかった。82歳だった スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫は「やりたい事がいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います」とのコメントを発表していたが、その無念のなかには、いま、この国に進行している事態を止められなかったという思いも含まれていたのでは そのことをあらためて強く感じたのが、高畑監督の死去が報道されたあと、長い親交のあった映像研究家の叶精二氏が、ツイッター上で公開した年賀状 叶氏は〈昨年の元旦に高畑勲監督から頂いた年賀状です。20年来、毎年簡潔かつ独創的な賀状を頂くのが楽しみでした。これが最後の一枚。高畑監督のお叱りを受ける覚悟で、ご本人の一字一句をファンのみなさまと共有したいと存じます〉とのコメントとともに、2017年の正月に高畑監督から送られてきた年賀状を公開。そこにはこのような文章が書き添えられていた。 〈皆さまがお健やかに お暮らしなされますようお祈りします 公平で、自由で、仲良く 平穏な生活ができる国 海外の戦争に介入せず 国のどこにも原発と外国の部隊がいない 賢明強靭な外交で平和を維持する国 サウイフ国デ ワタシハ死ニタイ です〉 しかし、現実の日本はいま、安倍政権によってまったく逆の状況が進行している。格差が激化し、国民の権利や自由が侵害され、原発がどんどん再稼動し、米軍基地は沖縄の人たちの生活を危険にさらし続け、海外への戦争介入や軍備増強の裏で、外交は弱体化の一途をたどっている。 高畑監督は“戦争のできる国”づくりをなんとか止めようと、積極的に発言し、行動を起こしていた 2014年には特定秘密保護法に反対するデモに参加。その後もデモへの参加は継続しながら、15年の安保法制の際には講演会などでメッセージを発信し、また、沖縄基地問題にも精力的に関わっている 16年には、実際に辺野古と高江に足を運んだほか、警視庁機動隊員の派遣中止を東京都公安委員会に勧告するよう求める住民監査請求に請求人のひとりとして参加。その年の年末には、高江ヘリパッド建設中止を求めるアメリカ大統領宛の緊急公開書簡の賛同者にも名を連ねた 高畑監督をつき動かしていたのはもちろん、自らの戦争体験を通じた、戦争への恐怖だろう。1935年生まれの高畑監督は先の戦争で、その恐ろしさを嫌というほど体験している。小学校4年生のときには空襲を受けた。空襲の夜、焼夷弾が降り注ぐなか、高畑監督は姉と2人、裸足で逃げたのだ。爆弾の破片が身体に突き刺さり失神した姉を必死で揺り起こしたりもしたという。一夜明け、自宅のほうに戻ると、遺体だらけだったという体験も語っている 代表作である『火垂るの墓』があれだけ人々の感情を揺さぶり、高い評価を得たのも、そんな高畑監督のリアルな戦争体験と戦争への思いが強く反映されていたからだろう。 だが、その高畑監督は近年、「『火垂るの墓』では戦争を止められない」と発言するようになっていた 『火垂るの墓』を観たときに多くの人が抱くのは、なんの罪もない幼い兄妹・清太と節子が戦争に巻きこまれ、死に追いやられることへのやり場のない怒りと悲しみだ。そして、やさしいはずの親戚さえ手を差し伸べなくなるという、戦争のもうひとつの恐ろしさを知る。死にたくない、殺されたくない、あんなひもじい思いは絶対にしたくない──そういう気持ちが生まれる『火垂るの墓』は反戦映画だと多くの人が認識しているし、実際、学校などでも「戦争という過ちを犯さないために」という理由で『火垂るの墓』が上映されることは多い しかし、高畑監督は、もっとシビアに現実を見つめていた。神奈川新聞(15年1月1日付)のインタビューで、高畑監督は 「『火垂るの墓』は反戦映画と評されますが、反戦映画が戦争を起こさないため、止めるためのものであるなら、あの作品はそうした役には立たないのではないか」 「攻め込まれてひどい目に遭った経験をいくら伝えても、これからの戦争を止める力にはなりにくいのではないか。なぜか。為政者が次なる戦争を始める時は「そういう目に遭わないために戦争をするのだ」と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ、と。惨禍を繰り返したくないという切実な思いを利用し、感情に訴えかけてくる」 この国がもつどうしようもない体質に強い危機感を抱いていたからだ。勝手に空気を読み、世間の動きには逆らわず、その流れに身を任せていく。高畑監督はそれを「ズルズル体質」と呼んで警鐘を鳴らしていた 転載(抜粋(続きを読む)

 

 

 


↓ ニュース等 ↓

 

 

 


かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム

FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム

装甲娘

 

 

 

 

 

とれにう トレンディーニュース 動画

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)